利用会員の皆さま いつも安心・安全な保育にご協力いただきありがとうございます。 猛暑日が続き、ニュース

<p>利用会員の皆さま いつも安心・安全な保育にご協力いただきありがとうございます。 猛暑日が続き、ニュースなどでも熱中症の危険が報道されております。 室内においても熱中症の発症が懸念されるためアコンによる室温調整へのご理解をお願いいたします。 人がストレスなく過ごせる室温は、20℃~25℃が適当と言われています。 特に体調を崩されているお子さんの場合には、回復のためにも室温の調節が欠かせません。 フローレンスではお子さまの病状の安定と安全なお預かりを第一に考え エアコン(冷房・除湿等)を利用し室温調整をさせていただきますので、 ご理解いただきますようお願いします。 なお、エアコンの設置がないご家庭には、基本的に病児保育室のご利用をお勧めしております。 ご自宅でのお預かりを希望される場合には、必ずご予約前にその旨を事務局までご相談下さい。 ただし、室温調整が難しい状況おいて安全なお預かりが続けられないと判断した場合には、 保護者の方にご帰宅を要請させて頂きますので予めご了承ください。 【参考】夏場に多い病気について ----------------------------- 【夏に多い病気】夏風邪は比較的熱が高いのが特徴的です。 発疹がある場合は、清潔を保つという目的のもとでのケアが必要となり 汗が出ない程度の室温と湿度を保つということも重要とされています。 ●ヘルパンギー 40℃まで熱がでます。口の中のどの奥に水泡ができ飲み込みに痛みを伴うこともあります。 高い熱の場合は腹痛、嘔吐、関節痛があります。ウイルスが原因なので特効薬はありません。 水分補給をまめに行うことが重要です。 のどが痛いので飲みたがらない場合もあり、また熱が高くなると脱水を起こしやすくなります。 ●喉頭結膜炎(プール熱) アデノウイルスによるもので、喉頭炎、結膜炎、発熱が特徴です。  4~5日間は39℃~40℃まであがります。 のどの痛み、頭痛、鼻水、くしゃみ、眼やに、感染力が強いので気をつける必要があります。 ●手足口病 コクサッキー、エンテロウイルスによるもので、手のひら、足の裏、口の中に水泡性の発疹がでます。 かゆみは特にありません。手足口病で高熱を3日以上出てる場合は、注意が必要です。 首の後ろが腫れる・首を曲げると痛がる・機嫌が悪い場合は、髄膜炎・脳炎起こす危険があります。 ●とびひ ブドウ球菌で起こり、あせも・虫さされ・湿疹の引っかき傷・擦り傷など弱った皮膚に感染するのがきっかけです。 患部を覆えば登園できる園もありますが、ほとんどが登園禁止です。 菌が他の場所へ飛び火することからとびひと呼ばれてます。 清潔に保つ、菌がとばないよう注意が必要です。 かゆみがあるところは冷やしたりたたいたりして痒みを和らげ、 むやみにひっかかないように注意する必要があります。 ----------------------------- 安全な保育のため、ご協力とご理解をいただきますようお願いいたします。 また、ご家族の皆様もどうぞご自愛下さい。 認定NPO法人フローレンス 病児保育事業部:石橋恵</p>

Info

Editor
Updated
Title
利用会員の皆さま いつも安心・安全な保育にご協力いただきありがとうございます。 猛暑日が続き、ニュース
Keywords
Description
Category
Language
Length
3701 Bytes
Characters
1300 Chars

Votes

If you want to vote, please Sign in.

Review

Create review

No reviews.
Daily views
Monthly:0